中学受験の対策として学習塾や家庭教師を利用している人がほとんどだと思います。
しかし、塾や家庭教師の講義の成果をしっかりと出すためにも、予習と復讐が必須です。
中学受験対策の講義を実施しているスクールの多くは、課題として毎回の予習と復習を出します。
受講している多くの子供たちは、言われたことに取り組んでるということに安心します。
あまりにも依存が進むと、主体性が欠如していき、中学受験に失敗していくことにつながりかねません。
大切なことは、講義の前に学習内容を把握し、目的を持って講義に参加することです。
自分自身の課題を明確にして講義に臨む子とそうでない子では、講義時間の集中力やモチベーションが全く違ってきます。
また復習においても、課題だからと適当に取り組むのと、講義で学習した内容を思い出しながら目的意識をもって取り組むのでは、記憶の残り方が変わってきます。
中学受験では、子供の学習習慣や勉強に向かう姿勢を決定づける可能性があります。
小学生の時期にいい加減なやり方の癖がついてしまうと、なかなか修正できずに高校受験、大学受験と進んでしまいます。
まだ幼い年齢だからこそ、予習と復習の意味を理解させ、主体性を持って取り組むような姿勢を身に着けさせることが重要です。