中学受験は、独特の対策をする必要があります。
中学で習うxyの計算をつるかめ算などの和算で計算したり、志望校によっても出題傾向がかなり偏ります。
難問ばかりを解く必要はありませんが、基礎をしっかり押さえたうえで、中学受験の当日にその学校の出題傾向に合った応用力を働かすことができるかが合格への一番重要な対策となります。
また、志望校の選び方も重要です。
中学受験合格後大学までの一貫校であれば、その学校ですべてを学び社会に出ることになります。
そのため自分の興味のある学部が大学にあるのか、そこに行くための基準についても調べる必要があります。
一貫校の中には、成績に応じて、内部推薦基準を設けているところがほとんどです。
全員が希望する学部に進学できるとはかぎりません。
しかし、受験がないため難関国家試験への挑戦や、留学など受験勉強以外の様々な経験や挑戦をする時間的ゆとりが生まれます。
大学受験を伴う志望校の場合には、学生生活が受験勉強中心になりがちですが、幅広い大学を選択できるため、人生の可能性を追求することもできます。
どちらの道を選ぶかは、お子さんの性格を踏まえたうえでご家族の教育方針に合う学校を選ぶことが重要です。
その選び方は様々な学校でオープンキャンパスをしています。
そこで志望する学校の雰囲気や直接先生方と話をすることです。
そうすることで、よりご家庭にあった学校を選ぶことができると思います。