中学にも公立と私立があり、多くの私立は中学受験があり、合格すれば入学することができます。中学受験は、子供にとっても親御さんにとっても大きな負担になるのはたしかです。それに、受験対策にも費用がかかり、無事に合格しても今度は学費がかかります。公立ならだれでも入学できますし、もちろん受験もありません。それに無償で教育を受けることができます。こちらのほうが楽な感じですが、私立中学の人気は高い傾向にあり、中学受験をがんばる子供がたくさんいます。それは、生徒一人一人の個性や考え方、性格、特技などを把握して、その生徒に合った学習対策をしてくれるのです。また、それぞれの学校で独自の教育理論を持っているため、子供に合った学校を選択することができます。また国の政治の動向や自治体のトップの考えに左右されることはありません。公立の場合は、教育課程が決まっていますので、どの中学へいっても大して変わりはないのです。それに教師の人事異動があるので、どうしても生徒の細かいところまで目が行き届かないことがあります。また政治や自治体の教育委員会のトップの考えにどうしても左右されてしまい、教育システムが変わってしまうこともあるようです。なので大変な思いをしてでも中学受験に挑戦する子供が多いのです。