中学受験で行われる面接を、家族に協力してもらうのは効果的です。
何故なら実践練習しないとつかめない事があるからです。
答えを準備して対策しても、実際にそれを話すとなると話は別です。
思わず噛んでしまう可能性があります。
仮に噛んだとしてもそんなに悪い影響を与える訳ではありませんが、せっかくのアピールチャンスを潰す事になるのでなるべくなくした方が良いです。
本番で恥をかかないように何度も何度も言葉に出して練習しましょう。
ただ家族に協力してもらい続けると、慣れにより気が緩む事が考えられます。
元々緊張する間柄ではないので当然かもしれませんが、ある程度の緊張感がないと失敗しやすくなります。
そうならないようにできれば親戚や祖父母にも協力してもらい、マンネリにならないようにしましょう。
もしそれが難しいのであれば、小学校の先生達にお願いするのも手です。
先生達は中学受験対策をしている事が多いので、何を訊かれるかをある程度把握しています。
中には予想外の質問が来る場合があります。
その質問をあえてお願いし、柔軟に受け答えができるようにしましょう。
このように中学受験は事前の対策が欠かせません。
先生達ならではのネットワークを上手に活用し、中学受験を成功させましょう。